その数字は”4”の倍数である


    今日は、4の倍数の見分け方を紹介します。

    例えば、「934320748」という数字を見てみましょう。


    こんなに位の多すぎる数字でも、 4の倍数かどうかを簡単に判別する方法があります。


    注目するのは、下2桁だけ!


    下2桁を見て、4で割り切れる数字(4の倍数)かで、判別します。

    上記の場合、48は4で割り切れるので、4の倍数ですね。

    よって、934320748は、4の倍数ということわかるというわけです。


    では、「なぜ、そうなるのか?」を見てみましょう。


    934320748の場合、 9343207をA、下2桁の48をBとすると、100×A+B と表せます。


    上の例だと934320700+48になりますね。


    100は4×25なので、100×A+Bは(4×25×A)+Bとなるわけです。


    つまり、934320700は4で割り切れることがわかります。


    4の倍数に4の倍数を足しても4の倍数になることに変わりはないので、

    残りの下2桁を表すBが4で割り切れれば、その整数は4の倍数ということがわかります。

    なんて事はないテクニックだけど、知っていると役に立つこともありますので、ぜひ、活用してみましょう。



    #中学受験 #算数







    18回の閲覧

    ※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

    • Facebookの - 灰色の円