効果的な漢字の覚え方


皆さんは、漢字には自信がありますか?


テストでは、1問 1~3点程度で、漢字によって大きく差が出ることはないですが、


合格ぎりぎりのラインでは、「1点の差で合格できなかった。」


なんてことがあり得ますから、間違えないようにしっかりと覚えておきたいものです。


漢字が苦手な人は、身につかない学習法を取っている場合が多いので気を付けましょう。


<身につかない学習法>

・ひたすら漢字をノートへ書き写す(書き写すことが作業となっている)

・見るだけで、実際に書くことをしない

・分からない漢字や熟語の意味をよく理解しないまま、放置している

・テスト前に取り組むだけ

・間違った問題(テストや問題集)を復習せずにそのままにしている


こういう傾向がある人は、時間の無駄になるので気を付けなければなりません。


改善ポイントは3つ


・体で覚える。

 小学生の勉強の基本は、見て覚えるのではなく、手を使って、書いて覚えるのが基本。


・意味を理解して覚える。

 3~4年生のうちは、部首や成り立ち、意味と合わせて覚える方が記憶しやすいので、面倒でも辞書を片手に意味を理解しながら進めましょう。


・毎日やること。

 時間がたつと、忘れやすくなるので、間違えた問題は特に、毎日反復して覚えるようしましょう。



6年生になると、忙しくなるため漢字の学習に多くの時間をかけることが難しくなります。

その場合は、実践的な問題集で漢字力・語彙力を短時間できたえましょう。


できれば、小学5年生のうちに6年生までの漢字は全て覚えると、6年生で苦手問題の克服に時間が取れるようになります。


日本漢字能力検定などをうまく活用しながら、チャレンジしてみましょう。


#中学受験 #国語




※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

  • Facebookの - 灰色の円