国語が苦手の対処法


今日は、国語が苦手な人向けのアドバイスです。


算数や理科が得意な人でも、国語を苦手としている人はいますよね。


国語が苦手な人は、たいてい文章を読んでみても、何も書き込まなかったり、線を引いたりということをしないまま、文章を読んで、問題を解いて・・・。


という場合がすごく多いのです。思い当たるところはありませんか?


「何で線を引かないの」と言われても、『どのような箇所に』『どうやって』線を引いたらいいかが、分らないという人が多いからです。


そもそも、線の引き方や文章のチェックの仕方がわかれば、文章を理解しやすくなるのに、

引き方のルールが分らないと、お手上げということになりそうですね。


そこで、国語の問題を解く前に文章全体の流れをつかんでから、取り掛かるようにしてみましょう。

このように全体の流れをつかむために文章を通して読むことを「通読」と言います。


問題を解きながら、少しずつ文章を読んだりすることはやめて、5分程度で集中して、最後まで読み通す練習を続けてみましょう。



じっくり読んでいると、かえって書いていることがわからなかったりするよ。

細かなところはわからなくてOKなので、まずは、通読で【何について書いてあるのか(話題)と(構成)】をつかむように練習してみましょう。


その際、鉛筆でうすく、短く 線や〇を書き込んでみましょう。


まずは、話題と構成をつかむために、


・良く出てくる言葉を 〇 で囲んでいく。


・話の流れや特徴が変わったところで / などで、印をつけてみる。

  話題について説明している

  例をあげて説明している

  まとめを説明している


・筆者の言いたいことを / の区切り事に、できるだけ短く表す。


・わからない箇所に ? を付ける。


他にも、線や印の付け方はいろいろありますが、まずは以上のことを気に付けて、取り組んでみましょう。


何が書いてあるのかわからない。。。とう状態をきっと、乗り越えられるはずです。


ぜひ参考にしてください。






#中学受験 #国語



※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

  • Facebookの - 灰色の円