top of page

国語が苦手の対処法


今日は、国語が苦手な人向けのアドバイスです。


算数や理科が得意な人でも、国語を苦手としている人はいますよね。


国語が苦手な人は、たいてい文章を読んでみても、何も書き込まなかったり、線を引いたりということをしないまま、文章を読んで、問題を解いて・・・。


という場合がすごく多いのです。思い当たるところはありませんか?


「何で線を引かないの」と言われても、『どのような箇所に』『どうやって』線を引いたらいいかが、分らないという人が多いからです。


そもそも、線の引き方や文章のチェックの仕方がわかれば、文章を理解しやすくなるのに、

引き方のルールが分らないと、お手上げということになりそうですね。


そこで、国語の問題を解く前に文章全体の流れをつかんでから、取り掛かるようにしてみましょう。

このように全体の流れをつかむために文章を通して読むことを「通読」と言います。


問題を解きながら、少しずつ文章を読んだりすることはやめて、5分程度で集中して、最後まで読み通す練習を続けてみましょう。



じっくり読んでいると、かえって書いていることがわからなかったりします。

細かなところはわからなくてOKなので、まずは、通読で【何について書いてあるのか(話題)と(構成)】をつかむように練習してみましょう。


その際、鉛筆でうすく、短く 線や〇を書き込んでみましょう。


まずは、話題と構成をつかむために、


・良く出てくる言葉を 〇 で囲んでいく。


・話の流れや特徴が変わったところで / などで、印をつけてみる。

  話題について説明している

  例をあげて説明している

  まとめを説明している


・筆者の言いたいことを / の区切り事に、できるだけ短く表す。


・わからない箇所に ? を付ける。


他にも、線や印の付け方はいろいろありますが、まずは以上のことを気に付けて、取り組んでみましょう。


何が書いてあるのかわからない。。。とう状態をきっと、乗り越えられるはずです。


ぜひ参考にしてください。






#中学受験 #国語




最新記事

すべて表示

大事なのは「いつ」復習するのか

繰り返し学習が大事なのは、誰もが認めるところだと思います。 また、繰り返し学習には落とし穴があることも、実体験から共感された方も多いと思います。 今回は、それを踏まえて、「いつ復習するのか」をテーマにお話したいと思います。 「エビングハウスの忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 人は、時間とともにどのくらい忘れてしまうものかを、科学的に実験で明らかにしたグラフなのですが、この実験結果

中学受験 今できること

『緊急事態宣言』が発令され、コロナウィルス感染予防のため自宅待機を余儀なくされ、中学受験を目指すお子さんにとっては、過酷な状況となっています。 塾の授業やイベント、テストなども中止となっているところがほとんどで、勉強への不安もあるでしょう。 また、中学校のイベントの延期、中止が決定したところもあります。 従来、春に開催されていた文化祭や体育祭、学校説明会もしばらく予定されるかわからない状況の中で、

中学受験 春休みにすること

今回は春休みの過ごし方についてお話します。 春期講習の受講予約をした人も多いと思いますが、実は、春休みは新学年の準備も大切なため、この短い休みの間に受験生はあれもこれもこなすために、しっかりとしたスケジュール管理が必要となります。のんびり過ごしていると、春期講習を受けただけで満足してしまい、やるつもりで予定していたことができないまま、あっという間に新学期を迎えることになることになりますので注意しま

Comments


bottom of page