国語のテーマ

今日は、中学受験によく出てくる『国語のテーマ』について紹介します。


中学入試、国語の3大テーマと言えば、


「友人(友情)」


「父母子」


「自然・環境」


ですね。



毎年、合計で25%~30%の出題率と言われているので、


少なくとも2校に1校で、どちらかには出題される計算になります。


理由としては、いろいろとあるようですが、


物語文で、子どもにとって身近な人間は、友人や親と言えるだろうし、


論説文や説明文では、身近な対象が自然や環境と言えるからかもしれませんね。


他にも、頻出のテーマはいくつかあって、下記のテーマが主にあげられます。


○友人と友情


○父母子


○自然・環境


○考え方・思考


○戦争と平和


○言語・コミュニケーション


○身近な人(兄弟・姉妹、祖父母・オジオバ、先生・生徒)


○文化・習慣、文明・進歩


○動植物


○生命・死、生き方・悩み


○文芸論



なぜ、頻出のテーマをつかんでおくとよいかというと、


学校によって、頻出テーマに特色があるからです。


志望校の頻出テーマがわかっていれば、対策を立てやすくなりますね。


また、テーマがわかれば、文章の大まかなパターンを捉えやすくなります。


基本的なパターンを知っていれば、予備知識と比較しながら、新たに分かった事と比較しな


がら読めるので、理解を深めやすいという効果が期待できるでしょう。


まずは、頻出の3大テーマから取り組んでみまよう。


  #中学受験 #国語





※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

  • Facebookの - 灰色の円