国語教科の細かなテクニック

    今日は、国語教科の細かなテクニックについて、紹介します。


    国語では、まず通読して、全体的な文章の構成やテーマをとらえる事を紹介しましたね。


    こういった大まかなテクニックから、少し細かなテクニックを紹介します。


    そのテクニックの基本になるのが、傍線を整理して問題の仕組みを理解することがあげられます。


    問題は、たいてい傍線(――線)を使って、出題されます。


    その――線に少しだけ工夫を加えてみて、問題を理解しやすくしてみましょう。


    一文の途中に――線がある時のように、――線が短いときは一文丸ごと――線を引いてみよう。


    わざとキーワードになることを、問題文の前後におくケースがすごく多いので、

    一文全部を注意して読んでみると、ヒントになることが多いのです。


    特に「これ」「それ」などの指示語があった場合は、一文にすることで

    文章全体の意味を考えやすくなります。



    同様に、漢字の設問や( )の設問も文全体で考えることで、同音異義語のうっかりミスや

    文章の流れから意味を探ることもできます。


    一文に注目できたら、今度は一文を含む段落全体へと広げることで、

    答えが少し離れた箇所にあるような難易度が高い問題も、段落の意味で考えることが

    できるので、問題の意図が理解しやすくなります。


    もちろん、一文を読むときに「~は、〇〇である。」といった、主語、述語の関係性を

    ヒントにすることもお忘れなく。


    ぜひ参考にしてください。



    #中学受験  #算数




    ※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

    • Facebookの - 灰色の円