夏の頑張りを成績につなげるポイント


夏休みも間近、いよいよ夏本番です。

夏期講習の準備や夏の学習計画を立てているご家庭も多いのではないでしょうか。


6年生では、夏は受験の天王山、という格言が生まれるように、夏に向けて気合を入れ始める子も多いことでしょう。

でも、格言が生まれるくらいだから、誰でも頑張るのが当たり前。 その中で、頑張りを結果につなげなくては意味がありません。


そのために準備すべきポイントを簡単にまとめてみます。


6年生に限らず、4、5年生でも実践してみましょう。


夏期講習で頑張るのは、誰もが同じ。夏期講習に出るだけで「頑張った感」は得られますが、それだけで満足しないように、自分の弱点にとことん向き合いましょう。


②夏期講習は多くの単元をこなす傾向があるため、授業についていくことに必死になってしまい、パターン化した覚え方になりがち。「理解する」学習の仕方を癖付けましょう。


少し補足をすると、例えばつるかめ算を覚える時、 「つるかめ算の解き方は、かけて、ひいて、割って・・・」等々というようなパターンを覚えるのではなく、「2つのものそれぞれの数はわからなくても、まずは全部一方に置き換えて計算すると考えやすい。だから・・・」 といった解法の概念を理解する学習の仕方です。


こういった概念で理解していくと、「速さに関するつるかめ算」つまり、つるとかめから「時速10Kmと時速20Km」に置き換わっても、合計時間のような条件が解れば、まず一方に置きかえて・・ といった応用問題にも柔軟な対応ができるようになります。


そして、なるべく朝起きて、講習会を受ける前に予習を行い、追われる学習から事前に準備をしてより理解を深める受け方をすると良いですね。


夏の頑張りの結果として、実力が試せるのは、秋ごろの公開テストやプレテストなどになり、大分時間が空いてしまいます。

このテストで、頑張った結果が出せないとショックが大きくなります。

そのためにも、結果につながる学習の仕方にこだわりましょう。


#中学受験 #夏期講習




※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

  • Facebookの - 灰色の円