教育の2020年問題

「教育の2020年問題」という言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、現時点で当事者ではないため、まだ内容があやふやだという人もいるようです。

2020年を迎える前に、しっかりと理解しておきましょう。


大学入試の変革と新しい学習指導要領の施行(小学校から順次)を総称して、「教育の2020年問題」と呼ばれています。


現在、中学3年生の世代が新しい大学入試制度による大学入試となるため、高校入試問題、全国学力テストでは、少しずつですが変化の兆候が現れてきているようです。


今日は、具体的に変わるポイントをみていくことにしましょう。

1.センター試験が変わり、大学入学共通テスト(仮)が実施されます。

① 国語と数学の一部に記述式試験を含んだ試験になります。 ② 英語では、4技能「話す」「聴く」「読む」「書く」を評価する(今までは、読む、聴く) ③ 民間試験を活用する方針が決まっています。 具体的には、実用英語技能検定(英検)、TOEICなど7種類の試験を利用し、高3の4月から12月までに受けた最大2回の結果を入試に利用することが検討されています。


2.各大学の個別試験が変わります。

各大学での個別試験は「学力の3要素」(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」) を受験生がもっているか測るものに変わります。

→教科別の知識を問う問題が変わり、多面的な総合評価へ


3.「高等学校基礎学力テスト」という仮称で検討されていた高1・高2向けの学力テストが見送りになりました。

代わりに、「高校生のための学びの基礎診断」として認定された民間の模試等を各学校が選んで、学力の定着度を測る目的で試験を行わせるようです。


4.CBT方式(パソコンで解答する形式)も導入予定

すぐに、大学入学共通テストでCBT方式が使われることはないようですが、高校生のための学びの基礎診断テストではCBT方式も予定されているようです。 小学校のプログラミング授業が一部で始まっているように、また、情報の学科が始まっていることからも、キーボードで素早く操作、解答する能力も求められるでしょう。



こういった教育改革を見据え、各学校がどのような取り組みをしているか、非常に興味深いところです。 学校の個性や教育力が大いに発揮される部分となりますので、ぜひ、積極的に説明会に参加し、納得いくまで説明を聞かれると良いと思います。


#中学受験 #2020年問題





最新記事

すべて表示

中学受験 今できること

『緊急事態宣言』が発令され、コロナウィルス感染予防のため自宅待機を余儀なくされ、中学受験を目指すお子さんにとっては、過酷な状況となっています。 塾の授業やイベント、テストなども中止となっているところがほとんどで、勉強への不安もあるでしょう。 また、中学校のイベントの延期、中止が決定したところもあります。 従来、春に開催されていた文化祭や体育祭、学校説明会もしばらく予定されるかわからない状況の中で、

中学受験 春休みにすること

今回は春休みの過ごし方についてお話します。 春期講習の受講予約をした人も多いと思いますが、実は、春休みは新学年の準備も大切なため、この短い休みの間に受験生はあれもこれもこなすために、しっかりとしたスケジュール管理が必要となります。のんびり過ごしていると、春期講習を受けただけで満足してしまい、やるつもりで予定していたことができないまま、あっという間に新学期を迎えることになることになりますので注意しま

中学受験 聞く技術

今日は、『聞く技術』について解説したいと思います。 聞く技術というと、どんな技術か気になりませんか。 聞く行為に技術なんてあるの? という声が聞こえてきそうですね。 でも、この『聞く技術』というのは塾の授業を受ける場合、必須の技術になります。 塾で同じカリキュラムで、同じ講義を受けているのに、差が出てしまうのはなぜでしょう。 あるいは、なかなか成績が上がらないのはなぜでしょう。 いろいろな要因はあ

※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

  • Facebookの - 灰色の円