比べて覚えよう


今回は、3,4年生向けのアドバイスです。


覚え方のコツとして、以前紹介をしたメモリーツリーを元に、更に効果的な覚え方を紹介します。



そのコツとは、ズバリ『比べること』です。


特に、理科や社会で、似ているもの、まぎらわしいものは多いですよね。

「比べること」は、理解をするうえで非常に、効果的な方法です。


「比べること」によって、違いを理解でき、知識を確実に定着させることができるんだ。


例えば、

発芽の条件を例にとってみましょう。

植物の発芽には、「水」「空気」「適した温度」の3つが必要である事を実験する授業があったとすると、


①水あり、水なし

②空気あり、空気なし

③温度25°、温度5°

④日光あり、日光なし


という実験をしますね。


その場合、実験によって「比べるポイント」と「実験のねらい」が隠れています。


①水 ・・・ねらい:発芽には、水が必要なことを確かめる

②空気 ・・・ねらい:発芽には、空気が必要なことを確かめる

③適切な温度 ・・・ねらい:発芽には、適した温度が必要なことを確かめる

④日光 ・・・ねらい:発芽には、日光は関係ないことを確かめる



比較することによって、何が違うのか、比べるポイントを明確にしながら理解をすると、

似ているものや、まぎらわしいものにもしっかり対応することができます。



こうした比べる力は、算数の文章問題の条件を整理する力にもつながりますので、

いろいろなものを比べみましょう。


#中学受験 #理科





※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

  • Facebookの - 灰色の円