top of page

注意しておくべき樹木

第3弾


今回は樹木についてお話します。

樹木は植物の中ではあまり入試の出題頻度は高くはありませんが、いくつか覚えておきたいものがありますので紹介します。


まずは問題です。


①アジサイ ②カエデ ③ブナ ④クヌギ ⑤シイ 

⑥コナラ ⑦ツバキ ⑧ツツジ ⑨マツ



⑴①の冬芽はどうなっているか答えよ

⑵②の別名を答えよ

⑶③~⑥のドングリのうち陰樹はどれか、また、落葉樹はどれか答えよ

⑷⑦、⑧のうち離弁花で鳥媒花なのはどちらか答えよ

⑸⑨のりんぺんにある風に飛ばされやすい仕組みを持つ部分を何というか答えよ




答えは

⑴何枚も重なっている 


⑵モミジ 


⑶陰樹:③、⑤ 落葉樹:③、④、⑥

⑷⑦  


⑸空気ぶくろ



①のアジサイが樹木というのには驚いた人もいるかもしれません。


普段花に見えるのは実際は「がく」です。間違えやすいから注意しておきましょう。


冬芽が特徴的なものには、他にも毛の生えたモクレンや粘りのある液で覆われたトチノキ

などがあります。


②の代表的な品種に「イロハモミジ」というのがあり、実はプロペラのような形をしています。

秋には、紅葉しますが、中にはイチョウのように黄葉する種もあります。


紅葉するのか、黄葉するのか注意して見ておきましょう。

同じ読み方だけど字を間違わないようにしましょう。


③~⑥が入試に出るときは陰樹と陽樹の区別、落葉樹と常緑樹の区別が多く出題されます。

③、⑤が陰樹、④、⑥が陽樹、③、④、⑥が落葉樹で⑤は常緑樹です。

他には、樹皮の写真から識別する問題も時々出るからよく見ておきましょう。


⑦、⑧とサザンカは間違えやすく、ツツジは合弁花で虫媒花、ツバキとサザンカは離弁花で鳥媒花です。よく復習しておきましょう。


⑨は花粉の拡大写真がよく出題されます。確認しましょう。


#中学受験 #理科




最新記事

すべて表示

大事なのは「いつ」復習するのか

繰り返し学習が大事なのは、誰もが認めるところだと思います。 また、繰り返し学習には落とし穴があることも、実体験から共感された方も多いと思います。 今回は、それを踏まえて、「いつ復習するのか」をテーマにお話したいと思います。 「エビングハウスの忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 人は、時間とともにどのくらい忘れてしまうものかを、科学的に実験で明らかにしたグラフなのですが、この実験結果

中学受験 今できること

『緊急事態宣言』が発令され、コロナウィルス感染予防のため自宅待機を余儀なくされ、中学受験を目指すお子さんにとっては、過酷な状況となっています。 塾の授業やイベント、テストなども中止となっているところがほとんどで、勉強への不安もあるでしょう。 また、中学校のイベントの延期、中止が決定したところもあります。 従来、春に開催されていた文化祭や体育祭、学校説明会もしばらく予定されるかわからない状況の中で、

中学受験 春休みにすること

今回は春休みの過ごし方についてお話します。 春期講習の受講予約をした人も多いと思いますが、実は、春休みは新学年の準備も大切なため、この短い休みの間に受験生はあれもこれもこなすために、しっかりとしたスケジュール管理が必要となります。のんびり過ごしていると、春期講習を受けただけで満足してしまい、やるつもりで予定していたことができないまま、あっという間に新学期を迎えることになることになりますので注意しま

Comments


bottom of page