算数に数学は必要?



 今日は、算数の学習への数学の関わりについて話します。


算数の入試問題には、答えだけしか求めない場合がありますよね。

そういった問題では、皆、速く正確に答えることばかりに目が行きがちになると思います。


確かに大手の塾では、速く解く為に数学の定理などを教えている所もあります。

公式に当てはめるから確実で早いのです。


でも、気を付けなくてはいけないことがあります。


それは、出題者の意図を読み取る力をつけることが実は大切なのです。


出題者は、もちろん算数で解けるようにしているので、どっちで解いてもいいやと思う人もいるかもしれませんが、実はコレは注意しなくちゃいけない部分なんです。


と言うのも、誘導問題の時に、公式や定理(数学)を使って1番2番はすぐ解けるのに

算数で解かなかった、あるいは本来の途中式を書かなかったから

後が大変になることは意外と多いからなんです。


数学や定理も覚えておくのはいいけど、

まずは算数力!!


ここが中学受験算数の難しいところで、大人が数学の考え方でむやみに教えてはいけないと言われている理由の一つになります。


中学受験算数が、数学ではなく算数で解くということを前提に

出題者の意図を読み取れるようになると算数の成績がもっと上がるでしょう。


そのあたりのところをしっかり理解したうえで取り組むようにしましょう。



#中学受験 #算数



13回の閲覧

最新記事

すべて表示

身の回りの学習

今日は、身の回りの学習についてお話します。 皆さんは、スーパーに買い物に行ったことってあるでしょうか。 そこに並んでいる商品を見て、疑問に思ったことや気になったことはありますか? 例えば、『イカ』を見ても、生のままだったり、凍っていたり、干物になっていたり、缶詰になっていたり。 それぞれ加工の仕方で、保存期間も変わっているということに何となく気付けますか。 そういった『常識的なこと』を普段の学習の

論説文の記述題

今回は論説文の記述題の解法テクニックについてお話しします。 論説文の記述題で問われることには次のようなものがあります。 ・理由説明、結論説明 ・筆者の考え方の変化 まず、最もよく問われるのは1つ目の理由説明、結論説明なんです。 ここでおさえたいのは、傍線部の前後のどちらに答えとなる内容があるかを、見極めることです。 よくある文章構成は理由説明の場合を例にとると 1.問題提起→具体例→結論(傍線部)

記述題を恐れない

今回は国語で受験生が苦戦する記述問題についてお話します。 国語の問題には主に 漢字、語句、文法、選択肢問題、書き抜き問題、そして記述問題 と、大きく6つに分かれます。 最初の3つは知識分野なので知っていれば問題なく取り組めるはずです。 また、ある程度の内容がつかめる人は、選択肢問題や書き抜き問題は文中に答えがあるから簡単と思っているかもしれません。 ところが、記述問題では ・見当外れなことを書いて

※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

  • Facebookの - 灰色の円