算数 作図



    今日はフリーハンドの作図について話します。


    入試では、コンパスや分度器、定規類が使えないという学校が多いのですが、普段の勉強にいつも使っている人は、注意が必要です。


     算数では特に相似を見つける時や、図形の移動の問題では作図が必須です。


    でも、作図が苦手で図形の分野が苦手な人もいるのではないでしょうか。


     正三角形や正方形、時には円や扇形、正多角形を描くにはそれぞれPointがあるんです。


     

    そもそも直線を描くときは、短い線ならいいけど長い線は縦線の方が書きやすいんです。


    正三角形ははじめに3点を打つ。次に点を結ぶ。というのがオススメです。


    慣れてくるとそんな事をしなくても描けるはずです。


    作図の練習に最も効果的なのが、立方体の大量の作図です。


    これを描くことで、作図がかなり得意になります。


    また、奥側の点線も書くことで空間図形能力も上がります。


    垂直と平行の関係があっていれば、美しく、正しく見えるから、そこを意識しながら作図してみましょう。


    #中学受験 #算数



    17回の閲覧

    ※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

    • Facebookの - 灰色の円