算数 式が違う


    今日は算数のことについてお話します。


    問題集を解いた後、答え合わせをすると、

    答えは同じなのに解答と式が違う。


    なんてことありませんか?


    答え合わせをしていると、「全く式が合わない!どうして、こんなに違ってるんだろう」

    「式が違うから駄目だ!」「間違いだ!」と落ち込んだりしたことないでしょうか?



    たまたま、偶然、答えが同じという場合も、たまにあるかもしれませんが、


    実はどちらも間違えではない場合が多いので、一端落ち着いて見てみましょう。

    どういうことかというと、算数は解き方が1つではないということです。


    では、そんな時はどのように考えたらいいのでしょうか。


    大事なのは、なぜ違う方法なのかを理解することです。


    その上で、どちらの方法が他の問題で繰り返した時に解ける方法なのか、考えてみましょう。


    線分図や面積図など、いろいろ解法を習うと思うけど、


    自分が一番「理解できる方法」「自分が一番ミスを出さない方法」をしっかり身に着けましょう。


    違う理由を見つけて、より良いなと思う方法を、定着させると安定して問題を解けるようになるでしょう。




    #中学受験 #算数




    31回の閲覧

    ※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

    • Facebookの - 灰色の円