top of page

計算ミスを減らすには



皆さんは計算問題は得意ですか?


ケアレスミスが続いて、苦手意識を持っている・・・なんてことはありませんか?


実は、算数で「ミス」をしてしまうタイミングのうち、一番ミスが多いのが筆算をするときだと言われています。


 


筆算でミスしやすい場面を挙げてみると、


・九九を出力しているとき

・位取りのとき

・小数点を打つとき

・自分の字が汚い、あるいはスペースのない箇所の歪んだ字を読み取るとき

・答えを書き写すとき


などなど、ミスをしやすい場面がいろいろ出てきます。

特に空いたスペースでランダムに筆算をしていると、見直し時に探すことができなくなることがたびたび起こります。


塾では、一般的に計算ミスをしないために、しっかりと筆算をするように指導されることが多いようですが、残念ながら、ミスを起こしやすい場面がいろいろありますので、これではなかなか難しいでしょう。


しかし、計算問題と言っても、簡単にする方法を見つければ、暗算でできるようなケースもあります。

特に中学受験では、いわゆる「計算しやすい数字」で問題が構成されているケースがたくさんありますので、簡単にする方法とコツをつかめば、すぐに対策できるはずです。


 

例えば、35×72 という計算問題の場合はどうでしょうか。

筆算でなければ、解けなさそうですが、いくつかの方法で簡単にできます。



(解答1)分配法則(足し算)を使うやり方


35×72 =(30+5)×72 


    =30×72 + 5×72

            =2160 + 360 

               =2520



(解答2)分配法則(引き算)を使うやり方


35×72   =(40-5)×72 


              =40×72 - 5×72

           =2880 - 360 

              =2520


(解答3)因数分解を使うやり方


35×72 =(5×7)×(2×36) 


               =(7×36)×(2×5) 

      =252×10 

               =2520



という具合にやれば、筆算を使わなくても、九九の範囲で計算できます。


見直しもシンプルで、ミスが起こりやすいパターンを大幅に減らすことができそうですね。


同様に、よく使う「2桁×2桁」の計算や、「×3.14の計算」「平方数」などは、九九と同じように覚えてしまうことで、計算をすることで発生するミスを大幅に減らせます。


九九を覚えた時と同様、一覧表を作って、目につきやすい箇所に張り出しておきましょう。



#中学受験 #算数








最新記事

すべて表示

大事なのは「いつ」復習するのか

繰り返し学習が大事なのは、誰もが認めるところだと思います。 また、繰り返し学習には落とし穴があることも、実体験から共感された方も多いと思います。 今回は、それを踏まえて、「いつ復習するのか」をテーマにお話したいと思います。 「エビングハウスの忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 人は、時間とともにどのくらい忘れてしまうものかを、科学的に実験で明らかにしたグラフなのですが、この実験結果

中学受験 今できること

『緊急事態宣言』が発令され、コロナウィルス感染予防のため自宅待機を余儀なくされ、中学受験を目指すお子さんにとっては、過酷な状況となっています。 塾の授業やイベント、テストなども中止となっているところがほとんどで、勉強への不安もあるでしょう。 また、中学校のイベントの延期、中止が決定したところもあります。 従来、春に開催されていた文化祭や体育祭、学校説明会もしばらく予定されるかわからない状況の中で、

中学受験 春休みにすること

今回は春休みの過ごし方についてお話します。 春期講習の受講予約をした人も多いと思いますが、実は、春休みは新学年の準備も大切なため、この短い休みの間に受験生はあれもこれもこなすために、しっかりとしたスケジュール管理が必要となります。のんびり過ごしていると、春期講習を受けただけで満足してしまい、やるつもりで予定していたことができないまま、あっという間に新学期を迎えることになることになりますので注意しま

留言


bottom of page