計算ミスを減らすには



    皆さんは計算問題は得意ですか?


    ケアレスミスが続いて、苦手意識を持っている・・・なんてことはありませんか?


    実は、算数で「ミス」をしてしまうタイミングのうち、一番ミスが多いのが筆算をするときだと言われています。


     


    筆算でミスしやすい場面を挙げてみると、


    ・九九を出力しているとき

    ・位取りのとき

    ・小数点を打つとき

    ・自分の字が汚い、あるいはスペースのない箇所の歪んだ字を読み取るとき

    ・答えを書き写すとき


    などなど、ミスをしやすい場面がいろいろ出てきます。

    特に空いたスペースでランダムに筆算をしていると、見直し時に探すことができなくなることがたびたび起こります。


    塾では、一般的に計算ミスをしないために、しっかりと筆算をするように指導されることが多いようですが、残念ながら、ミスを起こしやすい場面がいろいろありますので、これではなかなか難しいでしょう。


    しかし、計算問題と言っても、簡単にする方法を見つければ、暗算でできるようなケースもあります。

    特に中学受験では、いわゆる「計算しやすい数字」で問題が構成されているケースがたくさんありますので、簡単にする方法とコツをつかめば、すぐに対策できるはずです。


     

    例えば、35×72 という計算問題の場合はどうでしょうか。

    筆算でなければ、解けなさそうですが、いくつかの方法で簡単にできます。



    (解答1)分配法則(足し算)を使うやり方


    35×72 =(30+5)×72 


        =30×72 + 5×72

                =2160 + 360 

                   =2520



    (解答2)分配法則(引き算)を使うやり方


    35×72   =(40-5)×72 


                  =40×72 - 5×72

               =2880 - 360 

                  =2520


    (解答3)因数分解を使うやり方


    35×72 =(5×7)×(2×36) 


                   =(7×36)×(2×5) 

          =252×10 

                   =2520



    という具合にやれば、筆算を使わなくても、九九の範囲で計算できます。


    見直しもシンプルで、ミスが起こりやすいパターンを大幅に減らすことができそうですね。


    同様に、よく使う「2桁×2桁」の計算や、「×3.14の計算」「平方数」などは、九九と同じように覚えてしまうことで、計算をすることで発生するミスを大幅に減らせます。


    九九を覚えた時と同様、一覧表を作って、目につきやすい箇所に張り出しておきましょう。



    #中学受験 #算数







    ※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

    • Facebookの - 灰色の円