身体で覚えよう



    今日は、低学年のお子さんがいるご家庭向けです。


    勉強って言うと、皆さんはどんなイメージを持ちますか?


    机に向かって、一生懸命ノートをまとめたり、ドリルに取り組むイメージがありませんか。


    低学年のうちは、机に向かって勉強する習慣ももちろん大事にしてほしいのですが、

    何よりもフィールドワークを大切にしてほしいと考えてます。


    フィールドワークというのは、外に出ていろいろな事を観察して、


    「へぇ~!」


    という体験を積み重ねることがそれに当てはまります。


    例えば、

    公園や河原を散策してみて、どんな昆虫が、どんな季節、どんな場所にいるか、鳴き声は?

    どんなものを食べているのだろうか?


    といったことや、


    どんな花や草が生えているかや、どの季節にどんな実をつけているかな?


    といった観察。


    他にも、


    「草いきれ」のにおいや、むっとする湿気。土のにおいや夕立の降り始めのアスファルトのにおい、虫の放つ強烈なにおいなど、百科事典や辞書では伝わり切れない感覚の体験。


    或いは、理科実験のような遊び。

    磁石を屋外に持ち出して、砂鉄を見つけてみたり(場所によって砂鉄の量が違う)、

    海や川の虫を水槽に入れて持ち帰ったものの、水を腐らせてしまった時の腐敗臭。(食べ物の腐敗臭も)


    どろ水の感触や土の粒子が沈殿する様子や季節による、影の長さの違い。


    乾燥した空気やじめじめした湿度の高い空気の肌感覚。



    などなど。


    屋外の(遊び)体験を通して、様々な刺激を得る体験をできるだけ増やしてあげるようにすると、机上の学習だけでなく、自分の身体的感覚や体験と紐づいて知識が集積されるため、

    知識の習得の効率が飛躍的に向上します。


    こうした体験をさせる際は、比べることや、興味を深められるような質問(特徴に気付かせるような質問)をすると、より効果的になります。


    親御さんも大変ですが、できるだけ子ども目線で、一緒に付き合ってあげてください。

    何よりも、日常の喧騒を離れ、少しの間でも童心に帰って一緒に感動を分かち合うと、

    もっとお子さんの新たな一面が見つかったりして、ちょっとした感動体験が待ってます。


    #中学受験 #理科




    ※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

    • Facebookの - 灰色の円