top of page

重ね言葉


皆さんは『重言(じゅうげん)』って聞いたことはありますか。


同じ意味を重ねた「重ね言葉」のことを言います。



どういうことかというと、



・後で後悔する

・頭痛が痛くて、

・炎天下の下



などのように、同じ意味を持つ言葉を重ねて表現した言葉を指します。


もう少し詳しく解説すると、


「後悔」という言葉の意味は、


「してしまった事について、後から悔やむこと。」

なので、「あとで」ということが重なってしまっていますね。



同様に、「頭が痛い」ことを「頭痛」というので、「痛い」が重なっています。


「炎天下」も、「強い日差しのもと」を「炎天下」というので、「もと」は、重なっています。



このような使い方は、下手な文章になってしまうので、知識がないことをアピールしてしまう文になります。なんだか、かっこ悪いですね。


何となく知っているけれど、よく意味が解っていない言葉を使うときは、注意が必要です。



他にも、


・漢字にすると重なりが見える言葉


例)

色が変色する ⇒ 変色する


未だ未完成  ⇒ 未完成



・意味を考えると重なりがわかる言葉


例)

元旦の朝に(元旦=1月1日の朝のこと) ⇒ 元旦に


思いがけないハプニング(ハプニングが思いがけないこと) ⇒ ハプニング



など、注意が必要です。


日頃から、何となく言葉を使うのではなくて、意味を理解して使うように心がけると、国語の選択問題やひっかけ問題の対策、作文にも役に立ちます。



#中学受験 #国語





最新記事

すべて表示

大事なのは「いつ」復習するのか

繰り返し学習が大事なのは、誰もが認めるところだと思います。 また、繰り返し学習には落とし穴があることも、実体験から共感された方も多いと思います。 今回は、それを踏まえて、「いつ復習するのか」をテーマにお話したいと思います。 「エビングハウスの忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 人は、時間とともにどのくらい忘れてしまうものかを、科学的に実験で明らかにしたグラフなのですが、この実験結果

身の回りの学習

今日は、身の回りの学習についてお話します。 皆さんは、スーパーに買い物に行ったことってあるでしょうか。 そこに並んでいる商品を見て、疑問に思ったことや気になったことはありますか? 例えば、『イカ』を見ても、生のままだったり、凍っていたり、干物になっていたり、缶詰になっていたり。 それぞれ加工の仕方で、保存期間も変わっているということに何となく気付けますか。 そういった『常識的なこと』を普段の学習の

論説文の記述題

今回は論説文の記述題の解法テクニックについてお話しします。 論説文の記述題で問われることには次のようなものがあります。 ・理由説明、結論説明 ・筆者の考え方の変化 まず、最もよく問われるのは1つ目の理由説明、結論説明なんです。 ここでおさえたいのは、傍線部の前後のどちらに答えとなる内容があるかを見極めることです。 よくある文章構成は理由説明の場合を例にとると 1.問題提起→具体例→結論(傍線部)

Comments


bottom of page