重ね言葉


    皆さんは『重言(じゅうげん)』って聞いたことはありますか。


    同じ意味を重ねた「重ね言葉」のことを言います。



    どういうことかというと、



    ・後で後悔する

    ・頭痛が痛くて、

    ・炎天下の下



    などのように、同じ意味を持つ言葉を重ねて表現した言葉を指します。


    もう少し詳しく解説すると、


    「後悔」という言葉の意味は、


    「してしまった事について、後から悔やむこと。」

    なので、「あとで」ということが重なってしまっていますね。



    同様に、「頭が痛い」ことを「頭痛」というので、「痛い」が重なっています。


    「炎天下」も、「強い日差しのもと」を「炎天下」というので、「もと」は、重なっています。



    このような使い方は、下手な文章になってしまうので、知識がないことをアピールしてしまう文になります。なんだか、かっこ悪いですね。


    何となく知っているけれど、よく意味が解っていない言葉を使うときは、注意が必要です。



    他にも、


    ・漢字にすると重なりが見える言葉


    例)

    色が変色する ⇒ 変色する


    未だ未完成  ⇒ 未完成



    ・意味を考えると重なりがわかる言葉


    例)

    元旦の朝に(元旦=1月1日の朝のこと) ⇒ 元旦に


    思いがけないハプニング(ハプニングが思いがけないこと) ⇒ ハプニング



    など、注意が必要です。


    日頃から、何となく言葉を使うのではなくて、意味を理解して使うように心がけると、国語の選択問題やひっかけ問題の対策、作文にも役に立ちます。



    #中学受験 #国語




    8回の閲覧

    ※リンクがうまく開かないときは、スマホの場合、長押し後、新規タブで開く、PCの場合、右クリック、新規タブで開くを選択してください。

    • Facebookの - 灰色の円