大事なのは「いつ」復習するのか


繰り返し学習が大事なのは、誰もが認めるところだと思います。


また、繰り返し学習には落とし穴があることも、実体験から共感された方も多いと思います。


今回は、それを踏まえて、「いつ復習するのか」をテーマにお話したいと思います。



「エビングハウスの忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。


人は、時間とともにどのくらい忘れてしまうものかを、科学的に実験で明らかにしたグラフなのですが、この実験結果によると、学習した直後は、100%記憶していても、1時間後には、44%程度まで忘れてしまうようです。

翌日には、26%、1か月後には、21%程度しか覚えていられない。


との実験結果が出たようです。


そして、復習のタイミングとしては、次の日、1週間後、1月後に復習を行うと、忘れていた記憶を呼び覚まし、長期記憶として記憶されることが証明されています。



つまり、繰り返し学習も1ヶ月も間を開けては、記憶を定着させることに無駄な労力が発生してしまいます。



ポイントは、

1、何のために、いつまで記憶するのか?

2、どれくらいの完成度で記憶するのか?


という事です。



一時的にテスト前に集中して学習をして、ある程度点数が取れ、できたと思っていたら、次のテストの時には、全くできなかった。


といったことが起こるのは容易に想像できますね。


テストが終わった直後、1日後、1週間後、1か月後 に復習をスケジュールをしていれば、一夜漬けも十分役に立ちますね。


限られた時間を有効に使うためにも、「忘れることは、当たり前」と心づもりで、上手にスケジューリングしてみてください。


 #中学受験 




最新記事

すべて表示

『緊急事態宣言』が発令され、コロナウィルス感染予防のため自宅待機を余儀なくされ、中学受験を目指すお子さんにとっては、過酷な状況となっています。 塾の授業やイベント、テストなども中止となっているところがほとんどで、勉強への不安もあるでしょう。 また、中学校のイベントの延期、中止が決定したところもあります。 従来、春に開催されていた文化祭や体育祭、学校説明会もしばらく予定されるかわからない状況の中で、

今回は春休みの過ごし方についてお話します。 春期講習の受講予約をした人も多いと思いますが、実は、春休みは新学年の準備も大切なため、この短い休みの間に受験生はあれもこれもこなすために、しっかりとしたスケジュール管理が必要となります。のんびり過ごしていると、春期講習を受けただけで満足してしまい、やるつもりで予定していたことができないまま、あっという間に新学期を迎えることになることになりますので注意しま

今日は、『聞く技術』について解説したいと思います。 聞く技術というと、どんな技術か気になりませんか。 聞く行為に技術なんてあるの? という声が聞こえてきそうですね。 でも、この『聞く技術』というのは塾の授業を受ける場合、必須の技術になります。 塾で同じカリキュラムで、同じ講義を受けているのに、差が出てしまうのはなぜでしょう。 あるいは、なかなか成績が上がらないのはなぜでしょう。 いろいろな要因はあ